台湾最大の旅行博、4日間で38万人超が来場=過去最多

【観光】 2019/11/12 13:05 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
来場者でにぎわうトラベルフェアの会場

来場者でにぎわうトラベルフェアの会場

(台北中央社)台湾最大級の旅行博、台北国際トラベルフェア(台北国際旅展)は11日、4日間の日程を終えた。主催した台湾観光協会によれば、開催期間中に延べ38万4834人が訪れ、過去最多を更新。同協会の葉菊蘭会長は、同フェアがアジア最大の旅行フェアとなることに期待を示した。

台湾からは、17県市が各地の特色や魅力を紹介したほか、原住民族委員会や農業委員会などの行政機関も参加。航空会社やホテル、レストランは格安航空券やクーポン券などを販売した。台湾人に人気の高い旅行先である日本からは、地方自治体や各地の観光協会、鉄道会社など175のブースが出展された。

葉会長は、各ブースが独自の魅力を発揮していただけではなく、産官学が連携して台湾の観光の多様さをアピールし、台湾の観光産業の最も素晴らしい展示の場となったと喜んだ。

(余暁涵/編集:楊千慧)