台南の2階建て観光バス、平日の運行をチャーター式に 来月から/台湾

【観光】 2019/09/20 17:15 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台南市内の景勝地を回る2階建て観光バス=同市提供

台南市内の景勝地を回る2階建て観光バス=同市提供

(台南 20日 中央社)台南市政府は利用者数が伸び悩む2階建て観光バスのテコ入れ策として、10月から平日の運行を貸し切り形式に変更する。異業種との連携にも乗り出し、魅力的なツアーの提供を目指す。同市交通局の王銘徳局長が明らかにした。

同市は昨年2月、2階建てバスの運行を開始。台湾鉄路管理局(台鉄)台南駅を起点に市内の観光スポットを周遊する2路線を1日計15本運行し、今年8月末までに約4万6000人が利用した。1日当たりの平均利用者数は平日50.8人、休日145.3人。屋根がない2階部分は利用者がまばらとなっている。市民からは、夏は暑く、大雨に見舞われることもある上に、冬は気温が低くなるためだとの声が聞かれた。

(張栄祥/編集:名切千絵)