台北MRT、ICカード乗車の運賃割引廃止を検討/台湾

【観光】 2019/09/18 11:49 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北メトロ(MRT)はICカード乗車券を利用する乗客に適用している運賃割引を廃止する方向で優待措置の調整を検討している=資料写真

台北メトロ(MRT)はICカード乗車券を利用する乗客に適用している運賃割引を廃止する方向で優待措置の調整を検討している=資料写真

(台北 18日 中央社)台北メトロ(MRT)はICカード乗車券を利用する乗客に適用している運賃割引を廃止する方向で優待措置の調整を検討している。同社の顔邦傑総経理(社長)は17日、年内に関連の調整案をまとめる方針を明らかにした。

本業の運輸事業が赤字になっているのに加え、その他事業での利益獲得が頭打ちになっている現状を背景に、同社がICカード乗車の運賃割引を廃止するとの報道が先月末に出ていた。同社は当時、横並びで平等な優遇措置を検討していると説明していた。

顔総経理は台北市議会交通委員会での答弁で、乗車回数や利用金額が多い利用者により多くの割引を提供する方針を説明。昨年4月に導入した30日間有効の乗り放題定期券についても、検討、調整するとした。

現在はイージーカード(悠遊カー)やiPass(一カー通)などのICカード乗車券を利用すれば、2割引の運賃で乗車できる。(カー=上の下にト)

(劉建邦/編集:名切千絵)