阿里山鉄道、大雨と地震で一部損壊 30日まで運休/台湾

【観光】 2019/08/18 19:09 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
地震と大雨で一部損壊した阿里山林業鉄路本線=阿里山林業鉄路・文化資産管理処提供

地震と大雨で一部損壊した阿里山林業鉄路本線=阿里山林業鉄路・文化資産管理処提供

(嘉義 18日 中央社)南部・嘉義県の景勝地、阿里山を走る阿里山林業鉄路本線(嘉義―十字路)は8月30日まで運休する。大雨と地震の影響で土砂崩れが起き、線路が大きく変形したのが原因で、31日に運転を再開する。阿里山林業鉄路・文化資産管理処が18日発表した。

嘉義県は15日、大雨に見舞われ、16日にはマグニチュード4.6の地震が発生した。これを受け、同線は16日から運行を停止。当初は土日を除く4日間での復旧を見込んでいたが、現場視察後に同線の樟脳寮駅付近で約80立方メートルの土砂が崩壊していることや線路の横ずれ、枕木の損壊などが見つかり、状況が深刻だったため、工期を11日間に伸ばした。

祝山線、沼平線、神木線の3支線は通常通りに運行する。

(葉子綱/編集:荘麗玲)