高雄メトロの美少女キャラ、初音ミクとコラボ 「痛車」が運行/台湾

【観光】 2019/06/30 17:46 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
バーチャルアイドル「初音ミク」とのラッピングが施された高雄メトロの「痛車」=同社提供

バーチャルアイドル「初音ミク」とのラッピングが施された高雄メトロの「痛車」=同社提供

(台北 30日 中央社)高雄メトロ(MRT、高雄市)は29日、同社キャラクター「高捷(たかめ)少女」とバーチャルアイドル「初音ミク」のラッピングが施された「痛車」の運行を開始したと発表した。運行初日のイベントには一般客約400人が駆けつけ、記念撮影を楽しむなどした。

高雄メトロは4月下旬、初音ミクの3年ぶりとなる台湾公演が5月に行われるのを前に、初コラボの実施を発表。普段は高捷少女のキャラが描かれているマナー啓発ポスターに初音ミクらが登場し、駅構内に掲示された。同社はこのほか、アプリを使ったスタンプラリーイベントも開催。ラッピング列車内などで、指定されたイラストを一定数集めると、コラボグッズがもらえるという。

ラッピング列車は高雄メトロ・レッドラインで、8月29日まで運行される予定。同社は、今後もより多くの若者をひきつけるため、領域をまたいだマーケティングやIP(知的財産)ビジネスの展開を軸に現代的な技術と組み合わせたイベントを実施していくとの方針を示している。

(編集:楊千慧)