エバー航空スト、8日間で700便超欠航 交通部「月末までに収束を」/台湾

【観光】 2019/06/28 16:18 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
交通部によると、20日のスト初日から27日までの欠航便は738便に達し、15万3164人が影響を受けた=資料写真

交通部によると、20日のスト初日から27日までの欠航便は738便に達し、15万3164人が影響を受けた=資料写真

(台北 28日 中央社)台湾では、エバー(長栄)航空の一部客室乗務員(CA)によるストライキが続いている。交通部(交通省)によると、20日のスト初日から27日までの欠航便は累計738便に達し、15万3164人が影響を受けた。同部の王国材政務次長は28日、メディアの取材に応じ、今年の目標に掲げていた訪台観光客数1200万人達成に悪影響が出ることに懸念を示し、月末までに収束してほしいと述べた。

エバー航空によると、今後の運航本数は29~30日が正常時の約5割、7月1~5日までは約6割までに回復する見通し。一方労組は、スト続行の意思を問う組合員投票を29~30日にかけて実施するとしている。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)