広範囲で晴れ 週半ば以降、気温35度の猛暑日になる所も/台湾

【観光】 2019/05/12 12:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
暑さしのぎで上半身を裸にする男性=資料写真

暑さしのぎで上半身を裸にする男性=資料写真

(台北 12日 中央社)中央気象局によれば、12日は東部で雨がぱらつく以外、広範囲で晴れる。山地や山地付近の平野では午後、雷を伴うにわか雨に注意が必要。最高気温は西部や東部・台東では30~32度、北東部・宜蘭や東部・花蓮では28~29度となる見込み。

13日以降は南寄りの風の影響で、最高気温が30度くらいまで上がる日が続き、15~18日は盆地や南部・高雄、屏東などでは35度に達する可能性もある。

13~14日、東部でにわか雨がある以外は、各地ともおおむね晴れる。山地や山地付近では午後、雷雨に注意。15日以降は風向きが南西に変わり、湿った空気が流れ込む南部や東部・花蓮、台東ではにわか雨となる。16日は前線が接近するため、中部まで雨が広がり、大気の状態は不安定となる。北部でも午後は、所によって雷を伴うにわか雨があるとみられる。

(汪淑芬/編集:楊千慧)