台中メトログリーンライン 進ちょく率80%超 20年末開業目指す/台湾

【観光】 2019/04/23 16:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
2020年末の開業を目指す台中メトロ(MRT)グリーンライン(台中市政府提供)

2020年末の開業を目指す台中メトロ(MRT)グリーンライン(台中市政府提供)

(台中 23日 中央社)盧秀燕台中市長は22日、同市で工事が進められている台中メトロ(MRT)グリーンラインについて、進ちょく率は82.91%に達していると明らかにした。2020年末の開業を目指すとしている。市議会の定例会で述べた。

台中メトログリーンラインは全長16.71キロで、北屯-台湾高速鉄道(高鉄)台中駅間(いずれも台中市)の全18駅を結ぶ。車両は全18編成のうち9編成が日本から輸入され、残る9編成は日本から技術移転を受けた台湾製。

(趙麗妍/編集:楊千慧)