台湾本島全域で最高気温30度以上の予想 北部や中部は一時雨

【観光】 2019/04/22 11:54 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
22日の台湾本島は全域で気温が上がり、最高気温が30度以上になる見込み

22日の台湾本島は全域で気温が上がり、最高気温が30度以上になる見込み

(台北 22日 中央社)中央気象局によると、22日の台湾本島は全域で気温が上がり、最高気温が30度以上になる見込み。おおむね晴れるが、北部や中部で一時雨や雷雨、その他の地域でも所によっては一時雨や雷雨となると予想されている。降水確率は午後に比較的高くなる。

各地の予想最高気温は北部・台北市32度、中部・台中市32度、南部・高雄市31度、東部・宜蘭県31度など。気象局は、水分補給を心がけるよう呼び掛けている。

台湾北部の海域にある前線が次第に北上する影響で、雨が降る主な地域は北に移動し、強さも弱まるとみられている。

(編集:名切千絵)