エバー航空CA労組、ストに向けた投票 来月実施へ/台湾

【観光】 2019/04/19 18:46 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
桃園市空服員職業工会長栄分会のメンバーら=資料写真

桃園市空服員職業工会長栄分会のメンバーら=資料写真

(台北 19日 中央社)エバー航空の一部客室乗務員が加入する労働組合は19日の組合員代表大会で、ストライキ権確立の意思を問う組合員投票の実施を決議した。投票は5月に行う予定だとしている。

同航空の客室乗務員でつくる職業別労組「桃園市空服員職業工会長栄分会」は疲労リスクの高いフライトでの勤務体制の改善やパーディアム(旅費日当)の引き上げなどを主張し、先月初旬から交渉を続けてきた。17日に開かれた3度目の労使交渉でも合意には至らず、スト実施を排除しない方針を示していた。

(余暁涵/編集:名切千絵)