員林駅の利用者数、過去最多 媽祖巡行見物の信者でごった返す/台湾

【観光】 2019/04/15 18:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
媽祖巡行見物の信者でごった返す台鉄の員林駅=同社提供

媽祖巡行見物の信者でごった返す台鉄の員林駅=同社提供

(台北 15日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)員林駅(彰化県)は14日、1日当たりの同駅利用者数として過去最多を記録した。台鉄が同日明らかにした。中部・台中市大甲の「鎮瀾宮」に祭られる「媽祖」の巡行が同日午前に員林駅近くの福寧宮に立ち寄ったのに伴い、大勢の信者らが同駅を利用したためで、駅は信者でごった返した。

台鉄によれば、員林駅の1日の平均利用者数は平日約1万7000人、休日2万人。14日は午後3時過ぎまでに降車客数だけで2万2355人に上った。終日の利用者数は推計で4万人超。

(陳葦庭/編集:名切千絵)