台湾各地の特色豊かなエリアをPR 冊子で魅力を紹介 交通部観光局

【観光】 2019/04/10 12:26 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾の東西南北の40のエリアを詳しく紹介するパンフレット

台湾の東西南北の40のエリアを詳しく紹介するパンフレット

(台北 10日 中央社)台湾各地の特色ある小さな町に観光客を呼び込もうと、交通部(交通省)観光局は東西南北の40のエリアを詳しく紹介するパンフレットを制作した。スタンプラリーなども実施し、地域の盛り上げを図る。台北市内で9日、パンフレットの発表会が開かれた。

今年を「小都市スロー観光年」と位置づける観光局。パンフレット制作はこの取り組みの一環で、各地の観光案内所などで計2万冊を配布するほか、ホームページでは電子版を公開する。

パンフレットで紹介されているのは、台北市大稲テイや新竹市旧市街地、苗栗県三義、彰化県鹿港、嘉義市東区、台南市塩水、高雄市美濃、花蓮県瑞穂、台東県池上、澎湖県湖西、金門県烈嶼、連江県北竿など離島を含む40のエリア。(テイ=土へんに呈)

スタンプラリーでは、決められた数のスタンプを集めると現金や台湾高速鉄道(高鉄、新幹線)回数券などが当たる抽選に応募できる。QRコードを使い、スマートフォンでもスタンプラリーに参加可能。

(陳葦庭/編集:名切千絵)