阿里山フラワーフェス ソメイヨシノ、ほぼ満開に/台湾

【観光】 2019/03/14 17:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
阿里山の「桜王」=林務局嘉義林区管理処提供

阿里山の「桜王」=林務局嘉義林区管理処提供

(嘉義 14日 中央社)南部・嘉義県の景勝地、阿里山森林遊楽区で、ソメイヨシノの開花判断基準となる標本木「桜王」がほぼ満開を迎えている。この先1週間が見頃となる。

同園では13日、阿里山フラワーフェスティバル(阿里山花季)の開幕式が行われた。同フェスは4月10日まで。期間中の毎週水曜日にはヒノキ製客車をけん引する蒸気機関車(SL)が阿里山林業鉄路沼平線を走る。

林務局嘉義林区管理処によると、同園にはサクラ31品種、3000本近くが植えられている。

(黄国芳/編集:名切千絵)