中華航空、21日から全便正常運航へ/台湾

【観光】 2019/02/17 19:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中華航空、21日から全便正常運航へ/台湾

(台北 17日 中央社)チャイナエアライン(中華航空)は16日、一部パイロットによるストライキで影響を受けた運航スケジュールが21日から通常に戻ると発表した。

同社のパイロットは、疲労リスクが高いフライトの人員増や待遇の改善などを求め、今月8日午前からストライキに入った。4回の労使協議を経て14日に合意に達し、ストの終了が発表されたが、中華航空はストが長引く可能性に備えて12日には20日までのフライトの欠航情報を発表していた。

同社はすでに欠航が発表された20日までの便については運航は行わない見通しを示しており、これ以外に欠航などスケジュールの変更はないとしている。

同社のサイトによればストの影響による欠航・遅延は、200便に上った。

(汪淑芬/編集:荘麗玲)