中華航空、20日までに70便超欠航 ストの影響/台湾

【観光】 2019/02/13 12:01 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
高雄空港に到着する中華航空機=資料写真

高雄空港に到着する中華航空機=資料写真

(台北 13日 中央社)一部のパイロットによるストライキの影響で、チャイナエアライン(中華航空)は13日午前11時時点で、13~20日に運航予定だった71便の欠航を決めた。影響を受けるのは桃園空港、高雄空港を発着する便で、14日以降は欧米路線が中心。日本路線は13日に計8便が欠航する。

同社のホームページによると、現時点では台北松山空港、台中空港を発着する便への影響はないという。

13日に日本路線で欠航が決まっているのは、台北―沖縄、台北―宮崎、台北―高松、高雄―大阪の往復便。

(陳葦庭/編集:名切千絵)