高雄ランタンフェス開幕 水辺の景観生かし港町の魅力をアピール/台湾

【観光】 2019/02/10 13:02 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
9日に開幕した「高雄ランタンフェスティバル」の様子=高雄市政府観光局提供

9日に開幕した「高雄ランタンフェスティバル」の様子=高雄市政府観光局提供

(高雄 10日 中央社)南部・高雄市内を流れる愛河の河畔を色とりどりのランタンで彩る元宵節(旧暦1月15日、今年は2月19日)の恒例イベント「高雄ランタンフェスティバル」が9日に開幕した。水辺の景観を生かし、地元の特色あふれる文化イベントを組み合わせることで、高雄ならではの港町の魅力をアピールする。

「童心」や「レトロ」など4つのテーマに分かれた展示エリアではライトアップされたオブジェや光のトンネル、迷路などが楽しめる。イベント期間中には、昔ながらの菓子屋台などを集めて1960年代の雰囲気を再現するレトロマーケットが開催されるほか、地元の劇団のパフォーマンスや台湾オペラの上演なども予定されている。

開催は20日まで。

(王淑芬、陳朝福/編集:塚越西穂)