北東の季節風 北部などにわか雨、一日を通して肌寒く/台湾

【観光】 2018/12/09 12:23 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
北東の季節風により、9日の北部台湾一日を通して肌寒くなる

北東の季節風により、9日の北部台湾一日を通して肌寒くなる

(台北 9日 中央社)中央気象局によると、9日は、北東の季節風の影響で北部や東部は所によってにわか雨がある。北部の沿岸部や台北一帯の山地、北東部・宜蘭は一日中雨となり、大雨が降る所もある。夜になると、雨は弱まる。中部や南部は晴れる所が多いという。

予想最高気温は北部や宜蘭では20~23度にとどまり、一日を通して湿度が高く、肌寒く感じられる。中部や東部・花蓮、台東は日中24~26度、南部は28度まで上がる見通しだが、夜は気温が下がるため、気象局は調節しやすい服装で外出するよう呼び掛けている。

北東の季節風の影響は10日早朝まで続き、10日の日中は季節風がやや弱まる。11日昼間は各地の気温が上がるが、午後以降、季節風が再び強まり、12日から14日にかけては各地とも涼しく感じられる。最低気温は中部以北や宜蘭、花蓮で15~16度、南部や台東は17~19度となる予想。

(編集:楊千慧)