台湾鉄道、新たな安全装置を導入、ダイヤ見直しも 改革プラン公表

【観光】 2018/11/16 14:59 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
記者会見をする呉宏謀交通部長(右)と張政源台鉄局長

記者会見をする呉宏謀交通部長(右)と張政源台鉄局長

(台北 16日 中央社)10月21日に発生した台湾鉄路管理局(台鉄)特急プユマ号の脱線事故を受け、呉宏謀交通部長(交通相)と台鉄の張政源局長が16日、台鉄の改革プランを提示した。自動でブレーキを動作させる自動列車防護装置(ATP)が切られていても列車の速度を強制的に低下させることができるシステムを来年末までに導入するほか、運行の効率化とメンテナンス時間の確保のため、ダイヤの全面的な見直しも行う。

プユマ号にはATPが搭載されていたが、事故当時、運転士は自ら電源を切っており、ATPが切られた際に指令員に自動で通知する機能は、車両を製造した日本車輌製造(愛知県)の設計ミスで作動していなかった。呉部長によると、この機能の修理は10日までに終わっており、30日までにテストが完了する見通し。現在の作動状況は正常で、安全への影響はないという。来年4月末までにはシステムの最適化も行われる予定。

ATPが切られていても自動的に減速させられるシステムについては、台湾の研究機関と共同で、来年末までの導入を目指した研究を進めていると説明した。

前述の設備が整うまでは、プユマ号、タロコ号の運転席に運転士と助手の2人を乗務させる体制を採用し、専任の係員がATPの接続状況や警告サインを確認するほか、マニュアル化の推進などで対応するとしている。

(陳葦庭/編集:塚越西穂)