桃園以北や東部は局地的に雨 中部や南部は昼夜の寒暖差大きく/台湾

【観光】 2018/11/05 12:25 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
濡れないよう雨の中を走る通行人

濡れないよう雨の中を走る通行人

(台北 5日 中央社)5日の台湾本島は桃園以北や東部で局地的に一時雨となる見込み。その他地域は晴れ。日中の気温は北部で26~29度、中部と南部で29~31度まで上がるが、5日夜から6日朝にかけての予想最低気温は各地で20~24度となり、中部や南部では昼夜の寒暖差が大きくなるとみられている。

中央気象局が5日発表した11日までの週間予報によると、北部や東部は1週間を通じて所によって一時雨となる見込み。9日は北東の風が強まる影響で、北部や北東部では気温が下がる。9日の台北の最高気温は24度に留まると予想されている。北東の風の影響は10、11日も続き、北部や東部は最低気温が19~22度となるなど朝晩はやや肌寒くなるという。

(汪淑芬/編集:名切千絵)