台風25号接近 北部や北東部は大雨、沿岸部は強風に警戒/台湾

【観光】 2018/10/04 12:57 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台風25号の進路予想図=中央気象局提供

台風25号の進路予想図=中央気象局提供

(台北 4日 中央社)中度台風(台湾基準)台風25号は4日午前8時現在、台北東南東約650キロの海上にあって、時速約19キロで北北西に進んでいる。強風域が4日夜から5日早朝にかけて北東部の海域に最も接近する見通し。

台風の中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は43メートル、最大瞬間風速は53メートル。北部・台北市、中部・南投県、嘉義市、東部・台東県を除く全域の沿岸や広々とした場所などでは、何かにつかまっていないと立っていられない非常に強い風や屋外での行動が危険な強烈な風、高波が発生する恐れがある。中央気象局は、台風の接近に伴って北部・新竹以南~南部・高雄以北の平地や内陸部でもやや強い風が吹くとして注意を呼び掛けている。

4日の天気は、北部や北東部は台風に伴う雨雲の影響で5日朝まで雨が降り続き、局地的に大雨が降る確率も高いという。その他の地域はおおむね晴れ。台湾本島の日中の最高気温は北・北東部が24~27度、中・南部、東部の花蓮県、台東県では30度前後まで上がると予想される。

(陳葦庭/編集:塚越西穂)