台湾の東に熱帯低気圧 台風に変わる見込み 各地で雨降りやすく

【観光】 2018/07/23 12:02 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
気象衛星から見た台湾周辺の雲の写真=中央気象局提供

気象衛星から見た台湾周辺の雲の写真=中央気象局提供

(台北 23日 中央社)23日午前8時現在、台北の東290キロの海上に熱帯低気圧があり、時速25キロで北から北北西に方向を変えて進んだ。中央気象局によると、熱帯低気圧は今後、台風に変わる見込み。その影響で、北部や南部、東部・宜蘭、花蓮などでは雨が降りやすくなり、雷を伴う場合もあるという。気象局は、最新の気象情報に留意するよう呼び掛けている。

23日は二十四節気の大暑。暦の上では一年で最も暑い時期とされている。この日の各地の予想最高気温は台北市32度、台中市32度、高雄市32度、宜蘭県33度などとなっており、暑さはやや和らぐ見込み。

(汪淑芬/編集:名切千絵)