駐屯兵の軍服直したミシン、離島・金門の歴史伝える=特別展/台湾

【観光】 2018/07/11 18:33 文字サイズ: 字級縮小 字級放大

(金門 11日 中央社)離島・金門島で、古いミシンを集めた特別展が開催されている。国共内戦時代に軍事的拠点とされた同島。当時は10万人の軍人が駐留し、軍服直しや腕章の刺繍などで生計を立てる家庭が珍しくなかったという。同展では軍服を陰で支えたミシンを媒体に、当時の島民の暮らしを振り返る。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。
中央社の有料記事データベースをご利用ください。


※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます