高雄の鉄道地下化、完成は早くても9月に 予定の8月開業断念/台湾

【観光】 2018/06/06 18:35 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
高雄の鉄道地下化工事の様子

高雄の鉄道地下化工事の様子

(高雄 6日 中央社)南部・高雄市の鉄道地下化工事の完成時期が当初予定していた今年8月から先送りされることが分かった。交通部(交通省)鉄路改建工程局南部工程処の伍育徳処長が6日、明かした。沿線10駅のうち一部に電気が供給されていない所があるほか、消防検査などが完了していない駅もあるためだと説明した。開業は早くても9月になる見込み。

地下化されるのは、左営から鳳山までの約15.3キロ区間。踏切7カ所、陸橋・地下道16カ所を廃止するほか、沿線の再開発も行われる。2009年6月に着工し、当初は2017年末の完成を目指していた。

(王淑芬/編集:塚越西穂)