桃園メトロと京成電鉄が合意書締結 ラッピング列車運行などで連携

【観光】 2018/05/31 18:36 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
桃園メトロと京成電鉄による合意書の締結式に立ち会う鄭文燦桃園市長(中央)

桃園メトロと京成電鉄による合意書の締結式に立ち会う鄭文燦桃園市長(中央)

(桃園 31日 中央社)桃園メトロ(MRT)と京成電鉄(千葉県)は31日、相互連携に関する合意書を結んだ。今後は広告枠交換や乗車券割引、ラッピング列車運行などで協力し、双方の利用者増加を目指す。

桃園市の鄭文燦市長は、桃園国際空港-成田空港線は日台間で最も多忙な航空路の一つであると指摘。この2空港と都心部を結ぶ鉄道路線をそれぞれ持つ両社が連携することで、利用者の利便性が高まると喜んだ。また、台湾でも日本と似通った首都圏が形成されつつあるとし、京成電鉄の運営方式が桃園メトロの参考になるとの考えを示した。

鄭市長はまた、桃園市と千葉県が2016年8月に「友好交流協定」、桃園国際空港と成田空港が同年9月に「姉妹空港」を締結していると紹介し桃園と千葉の密接なつながりを強調。今回の合意書締結により、さらに近しい関係が築けると期待感をにじませた。

京成電鉄の三枝紀生会長は、桃園メトロは乗り心地が良く、車両デザインが乗客のニーズに合致していると称賛。将来的には双方の資源を活用し合って利用者を増やし、日台交流を促進させたいと意欲を示した。

(呉睿麒/編集:塚越西穂)