山形県知事、高雄市代理市長を訪問 定期便就航推進で意見一致/台湾

【観光】 2018/05/28 19:11 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
左から山形県の吉村美栄子知事と高雄市の許立明代理市長=高雄市政府提供

左から山形県の吉村美栄子知事と高雄市の許立明代理市長=高雄市政府提供

(高雄 28日 中央社)山形県の吉村美栄子知事が28日、高雄市政府を訪問し、許立明代理市長と面会した。吉村知事は県内のデパートに高雄の農産物を販売するスペースを設置することに意欲を示した。両者は定期直行便の就航推進で合意し、さらなる交流進展に期待を寄せた。

高雄市と山形県は2016年5月に友好協力に関する覚書を締結。観光や教育、経済、文化などの交流を進めてきた。吉村知事を団長とする訪問団は26日、両県市が共同で推進したチャーター便の初便を利用し、高雄に到着。吉村知事は今年1月に高雄を訪問した際、チャーター便の実現に強い意欲を見せていた。

吉村知事は27日には高雄市でさくらんぼや総称山形牛、つや姫などの県産品をトップセールス。28~29日には台北市や宜蘭県、台中市を訪れ、30日に帰国する。

(王淑芬/編集:名切千絵)