故宮南院で母の日イベント 親子で異国の民族衣装体験/台湾

【観光】 2018/05/13 13:53 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
故宮南院の「母の日」イベントでアジアの民族衣装を楽しむ親子ら=故宮南院提供

故宮南院の「母の日」イベントでアジアの民族衣装を楽しむ親子ら=故宮南院提供

(嘉義 13日 中央社)南部・嘉義県の国立故宮博物院南部院区(故宮南院)は12日から、アジア各地の民族衣装を試着できる「母の日」イベントを開催している。会場では親子連れが、日本や韓国、ベトナム、インド、インドネシアなど、思い思いの衣装を身に着けて、記念撮影などを楽しんでいる。母の日当日は入館無料で、ハンドメイド教室やガイドツアーなども行われる。

母の日イベントは1日4回(午前10時、11時、午後2時、3時)で、20日まで開催。

故宮南院ではこのほか、18日の「国際博物館の日」を記念して、18~20日の入館も無料になる。20日までの週末を中心に、伝統戯曲や先住民の舞踊など、さまざまなパフォーマンスのほか、折り紙などの体験イベントも多数予定されている。

(黄国芳/編集:塚越西穂)