サンドアートフェスもうすぐ開幕 あっと驚く作品も/台湾・新北

【観光】 2018/04/13 13:20文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
会場となる福隆海水浴場で展示されるサンドアート=交通部観光局提供

会場となる福隆海水浴場で展示されるサンドアート=交通部観光局提供

(台北 13日 中央社)砂浜に砂の造形作品がずらりと並ぶ「福隆国際砂彫芸術季」(サンドアートフェスティバル)が北部・新北市貢寮の福隆海水浴場で21日に開幕する。76作品の出展が予定されている今年の見どころは、砂像なのに触ったり中に入ったりできる作品や、初めての試みとして登場する、見下ろして鑑賞する穴の底の砂像など。なかでも目玉となるのは、世界のアーティストが共同制作する“逆さまの町”だという。

11日に開かれた記者会見では、アートディレクターの李明憲さんが、逆さまの町は、蜃気楼をイメージし、町とその倒影を表現したものだと解説。主催の東北角・宜蘭海岸国家風景区管理処は、今年の作品には誰もが目を見張るだろうとアピールした。

イベントの一環として、開幕前の18日には台湾や日本、韓国、米国、カナダなど13カ国・地域のアーティスト28人が腕を競う世界大会が、5月19日には台湾の20チームが参加する国内大会が行われ、多様な作品で会場を盛り上げる。

同フェスは7月15日までの開催。

(汪淑芬/編集:塚越西穂)

LINE分享給好友