桃園メトロ、南海電鉄でラッピング列車 地元の観光をPR/台湾

【観光】 2018/03/19 17:12文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
南海電鉄の特急ラピートに施された桃園メトロのラッピング列車=桃園メトロ提供

南海電鉄の特急ラピートに施された桃園メトロのラッピング列車=桃園メトロ提供

(桃園 19日 中央社)桃園メトロ(MRT)の開業1周年を紀念した南海電鉄のラッピング列車の出発記念式が18日、難波駅で行なわれた。桃園メトロの企業カラーである紫を基調に、桃園市のマスコットキャラクターや観光名所などが描かれ、台湾観光をPRする。運行は8月末まで。桃園メトロの蒲鶴章副総経理(副社長)は、大阪の人々に台湾を訪れてもらい、空港線を利用して観光を楽しんでもらえればと期待を寄せた。

桃園メトロと南海電鉄は昨年4月、相互誘客を目的に関西エアポート、桃園国際空港を含めた4社で友好協定を締結。今年2月には桃園メトロと南海電鉄の乗車券引換券がセットになったきっぷを数量限定で発売するなど、連携を進めている。

ラッピングは特急ラピートに施された。桃園市のマスコット「Y桃&園哥」と交通部観光局のキャラクター「オーション」があしらわれ、拉拉山や大渓老街(古い町並み)、石門ダムなどの観光名所が紹介されている。

(呉睿騏/編集:名切千絵)

LINE分享給好友