恒例の台北101元日花火ショー 今回の予算は2億円超/台湾

【観光】 2017/11/16 16:45文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
資料写真

資料写真

(台北 16日 中央社)超高層ビルの台北101で毎年恒例となっている元日花火ショーについて、同ビルの周徳宇董事長(会長)は16日、予算は前回の4500万台湾元(約1億7000万円)を上回る6000万元(約2億2500 万円)余りを見積もっていると明らかにした。

近年、資金不足が伝えられている同ビルの花火ショー。周董事長はこの日、立法院(国会)財政委員会の質疑に応じ、今回は実施が確定していると述べた。積極的にスポンサーを募っているところだと説明し、採算が取れる可能性もあるとの見方を示した。

周董事長によれば、今回はマルチメディアと光のショーを組み合わせたパフォーマンスとなる。環境に配慮し、花火の量は減らされるが、より多様な表現方法が使われるという。花火が放たれる時間の長さについては、4~5分となる見通しを示している。

(邱柏勝/編集:楊千慧)

LINE分享給好友