台北駅の桃園空港行きバス乗り場、きょうから移転/台湾

【観光】 2016/10/30 13:58文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
台北駅の桃園空港行きバス乗り場、きょうから移転/台湾

(台北 30日 中央社)台北駅に隣接する台北西バスターミナルA棟から出発していた高速バスの乗り場が、30日に変更された。国光客運の台湾桃園国際空港行きや基隆行き、金山青年活動中心行きは、台北駅の「東三門」から出発する。利用者は注意が必要だ。

同じ国光客運でも、羅東行き、南方澳行き、桃園行き、中レキ行きは台北駅の北側「北一門」から出発する。また、三重客運、大有バス、汎航通運などのバス乗り場も合わせて変更となった。(レキ=土へんに歴、木を禾に)

バス乗り場の移転は台北駅周辺の再開発事業の進展に伴って実施。先月28日には台北西バスターミナルB棟を出発していた路線の乗り場も変更となった。A棟とB棟は来月中にも解体作業が始まる見込みで、跡地は周辺道路の混雑緩和に向け一般路線バスのターミナルなどが整備される。

(王揚宇/編集:齊藤啓介)

LINE分享給好友