台湾鉄道、東武鉄道と友好協定 日台の観光名所通じて相互誘客へ

【観光】 2015/12/18 16:39 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾鉄道、東武鉄道と友好協定  日台の観光名所通じて相互誘客へ

(台北 18日 中央社)台湾鉄路管理局(台鉄)と東武鉄道は18日、台北駅で友好鉄道協定を締結した。双方は今後、各種イベントを実施して交流を深めるほか、相互誘客キャンペーンなどを通じて観光振興につなげたいとしている。

東武鉄道が海外の鉄道事業者と友好協定を結ぶのは初めて。日台双方で記念乗車券が販売されたほか、記念エンブレムをつけた特急列車の出発式が行われた。また、来年12月18日まで利用者を対象に乗車券を使った交流も実施する。

根津嘉澄社長は報道陣の取材に対し、東武グループの東京スカイツリーと友好関係にあり、東武ワールドスクウェアにも展示物が設置された台北の超高層ビル「台北101」や、特色ある台湾の風景に言及。グループの旅行会社を通じて台湾へ旅行客を送り、さらにリピーターを増やしたい考えを示した。

台鉄は2012年以降、日本の鉄道事業者12社と友好関係や姉妹関係などを結んでいる。台鉄の周永暉局長は日本以外にスイスの事業者とも交流の話が進んでいると明かした。

(齊藤啓介)