台北などのタクシー、10月から値上げ 加算運賃の距離など短縮/台湾

【観光】 2015/09/04 15:48 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台北などのタクシー、10月から値上げ  加算運賃の距離など短縮/台湾

(台北 4日 中央社)台北市公共運輸処は4日、北部の台北市、新北市、基隆市のタクシー運賃を10月1日から値上げすると発表した。初乗り運賃は据え置き、運賃を加算する際の走行距離や走行時間を短くする。値上げ幅は平均14%になる。

改定後の新料金は、5台湾元(約18円)ずつの加算は変わらないが、走行距離が現行の250メートルごとから200メートルごとに、時速5キロ以下の走行時間については100秒ごとから80秒ごとになった。初乗り運賃は現行と同様、1.25キロメートルまで70元(約256円)。

料金が改定されるのは2007年11月以来、約8年ぶり。同処は短距離利用客が多いことと消費者の負担増加を考慮し、加算運賃のみの変更にとどめたとしている。

(黄麗芸/編集:名切千絵)