観光局の「台湾観光バス」に日本語の音声ガイド導入 無料WiFiも

【観光】 2015/09/03 13:58 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾観光バスのFacebookページより

台湾観光バスのFacebookページより

(台北 3日 中央社)交通部観光局が旅行業者と提携し、個人旅行者向けに提供している旅行サービス「台湾観光バス」にこのほど、日本語、中国語、英語、韓国語の音声ガイドと無料の公衆無線LAN「WiFi」(ワイファイ)が導入された。同局はサービスの向上によって旅行者に台湾の風土や人情をより身近に感じてもらいたいとしている。

同局は2004年に同サービスの実施を開始。サービスにはホテルや空港までの送迎や多言語による観光ガイド、旅行保険などが含まれ、旅行者は好みのプランを選ぶだけで安心して観光を楽しめる。利用は1人から可能。

各座席にはタブレット端末が設置され、旅行者はニーズに応じて近隣の観光スポットや観光に関する情報を検索できる。

運行路線は北部から南部、離島まで合わせて100本に上り、利用者数は累計で185万人を超えた。そのうち外国人旅行者の割合は6割近くに達している。

(汪淑芬/編集:名切千絵)