台湾鉄道・屏東線、23日に一部電化 新開通区間は所要時間15分短縮

【観光】 2015/08/18 18:15 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
屏東駅の新駅舎

屏東駅の新駅舎

(台北 18日 中央社)電化・複線化・連続立体化などの改良工事が進んでいる台湾鉄路屏東線、屏東―潮州間の開通日が23日に決まった。これまで34分かかっていた同区間の所要時間は15分短縮の19分となり、台湾南部の利便性が向上する。

工事は台湾本島を一周する鉄道の電化計画の一環として推進。同区間は現在単線非電化で、毎日約60本の列車しか運行できないが、今後は100本以上に増発が可能になる。また、これまで高雄止まりだった西部幹線の電車の運転区間が潮州まで延長される見込み。

鉄道の高架化で24カ所の踏切が廃止されることから、渋滞の解消や事故の減少に効果があるとみられている。

屏東駅では新駅舎の供用が始まる。23日午前8時からは現在の駅舎で記念切符の販売も行われる予定で、同駅では購入を呼びかけている。

(汪淑芬、郭シセン/編集:齊藤啓介)