宙に浮かぶ茶室 藤森照信氏の作品が台湾に登場

【観光】 2014/12/17 10:59 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
宙に浮かぶ茶室  藤森照信氏の作品が台湾に登場

(台北 17日 中央社)建築家の藤森照信氏が設計した高床式の茶室が16日、台北市内の「華山1914文創園区」に完成し、お披露目された。

「望北茶亭」と名付けられた2.4メートルの高さに浮かんでいるように見える茶室は、同園区の王栄文董事長(会長)の要望を受けて藤森氏が設計した。同氏の作品が展示されるのは2009年に続いて2回目だという。

はしごを上って入る茶室の入り口は幅43センチ、高さ65センチ。杉造りの茶室を支える柱は竹製で、藤森氏は建材として竹を使うことは一種の挑戦だったと語っている。

(蔡和穎/編集:齊藤啓介)