野柳地質公園、秋吉台国定公園と姉妹関係締結/台湾

【観光】 2014/02/16 17:11文字サイズ:字級縮小字級放大
LINE分享給好友
写真提供:交通部観光局北海岸及び観音山国家風景区管理処

写真提供:交通部観光局北海岸及び観音山国家風景区管理処

(新北 16日 中央社)エジプト女王の頭のような形をしている奇岩や怪石で有名な景勝地・野柳地質公園(新北市万里区)と秋吉台国定公園(山口県美祢市)の観光・学術交流協定書調印式が15日、地質公園内で行われた。台湾で外国のジオパークと姉妹提携関係が結ばれるのはこれが初めて。

調印式には地質公園を運営する新空間国際の楊景謙社長と美祢市観光協会の山本勉会長が出席。山本氏は、3年前野柳を訪れた際、美しい自然の風景に感動し、秋吉台との相互交流の可能性を考えたとし、提案の実現にこぎつけ嬉しいと述べた。

美祢市の村田弘司市長は、台湾との観光交流推進のため、2012年7月から台北に観光交流事務所を設け、美祢市と山口県の観光スポットを紹介しており、今回の姉妹関係提携が双方の観光促進に寄与すればと期待を寄せた。

交通部観光局北海岸及び観音山国家風景区管理処の陳美秀処長(=写真右1)は、両公園の交流をきっかけに、室戸、糸魚川、山陰海岸、南伊豆半島とも交流に向けた話し合いが進んでおり、成果が期待できると語った。

(王朝ギョク/編集:張芳明、齊藤啓介)

LINE分享給好友