台湾・阿里山森林鉄道の竹崎-奮起湖間、4年ぶりに運転再開へ

【観光】 2014/01/27 17:08 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾・阿里山森林鉄道の竹崎-奮起湖間、4年ぶりに運転再開へ

(嘉義 27日 中央社)2009年8月の台風被害で一部区間で不通となっていた台湾の観光鉄道、阿里山森林鉄道の竹崎駅で27日、竹崎-奮起湖間の運転再開を祝うセレモニーが行われ、会場は多くの鉄道ファンで賑わった。

運転再開後の一番列車は、この日午前10時30分に汽笛を鳴らしながら竹崎駅を出発、暫定的に終着駅となっている奮起湖駅では乗客を迎える盛大な歓迎式が催された。中には中国大陸の北京から母親と一緒に台湾を訪問した鉄道ファンもおり、「世界的にも有名な阿里山森林鉄道に乗れてとても嬉しい」と喜びを語った。

4年余りの歳月を費やして今回の復旧にこぎつけた竹崎-奮起湖間に続き、残る奮起湖-阿里山間は今年10月をめどに工事が完了する予定で、早ければ来年にも全線で営業運転を再開する見込み。

(黄国芳/編集:荘麗玲)