「音楽で一つに」福山雅治が日台衛星中継で歌声披露/台湾

【観光】 2014/01/01 16:55 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
「音楽で一つに」福山雅治が日台衛星中継で歌声披露/台湾

(台北 1日 中央社)大晦日から新年にかけ、台湾各地では年越しイベントが実施され、116万人以上がつめかけた台北市政府前でのカウントダウンライブでは、NHK紅白歌合戦が行われたNHKホールと福山雅治の横浜のコンサート会場を衛星回線でつないだ3元中継が実施され、会場をヒートアップさせた。

午後9時50分(台湾時間)ごろから行われた日本との中継で福山は、今年実施する台湾と香港でのアジアツアーに触れながら「音楽で一つになれる、音楽でつながれるんだということを心と体で感じながら楽しみたいと思います」と話し、台湾の観客にも「一起high【口巴】」(一緒に盛り上がろう)と呼びかけ、「誕生日には真白な百合を」などで観客を魅了した。

また、高雄の夢時代(ドリーム・モール)で行われたイベントには「アジアのビートルズ」の称号を持つ人気バンド、メイデイ(五月天)が40分にわたって人気曲を熱唱したほか、義大世界(高雄市)ではテクノポップ歌手のシェ・チンイェン(謝金燕)が華麗なダンスを組み合わせたステージを披露、観客を盛り上げた。

桃園県のイベントにはロック歌手のウー・バイ(伍佰)とチアー・チェン(陳綺貞)が、台南市の会場にはセクシータレントのアンバー・アン(安心亜)、ソーダグリーン(蘇打緑)などが登場し、それぞれ多彩なパフォーマンスを繰り広げた。

一風変わったところでは屏東県のイベントで映画「アイアンマン」の衣装を身にまとった曹啓鴻県長率いるコスプレグループが街を練り歩き、集まった人々にお年玉を手渡したほか、卓伯源県長が駆けつけた彰化県の会場では集まった2万5千人に牛乳とポン菓子がふるまわれた。

(写真:世界有数の高層ビル「台北101」の花火ショー。音楽に合わせて218秒にわたり2万4000発が打ち上げられた)

(編集:齊藤啓介)