台湾、新たに1人がコロナ陽性 インドネシアから帰国後、隔離中に判明

【社会】 2020/09/10 17:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、新たに1人がコロナ陽性  インドネシアから帰国後、隔離中に判明

(台北中央社)中央感染症指揮センターは10日、インドネシアから帰国した60代の男性が新型コロナウイルスに感染していたと発表した。

男性は今年2月から、仕事でインドネシアに滞在し、今月4日に帰国。空港到着時は無症状で、そのまま帰国者を隔離するための宿泊施設に移動したが、7日夜に発熱や鼻水などを発症。翌日衛生当局に通報し、検査を受けていた。男性が帰国時に利用した旅客機には、5日に感染が発表された30代女性が同乗していたが、座席は離れていたという。

10日現在、台湾内の感染者は累計496人で、このうち404人は海外で感染した輸入症例。死者は7人。475人は隔離解除され、入院患者は14人となっている。

(陳偉婷/編集:塚越西穂)