ミシュランガイド、台中に初進出 台北台中2020版、30軒が星獲得/台湾

【社会】 2020/08/24 18:26 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
三ツ星を獲得した「頤宮」の料理、アヒルの丸焼き=読者提供

三ツ星を獲得した「頤宮」の料理、アヒルの丸焼き=読者提供

(台中中央社)飲食店の格付け本「ミシュランガイド」の台北・台中2020年版の掲載店が24日、台中市内で発表された。台中の店舗が対象になるのは今年が初めて。星を獲得したのは30軒で、このうち台中の飲食店は4軒だった。最高位の三つ星には、高級ホテル「パレ・デ・シン」(君品酒店)内の中華料理店「頤宮」が唯一選ばれた。同店の三つ星獲得は2018年の台北版発行開始以来3年連続。

二つ星には7軒、一つ星には22軒が選ばれた。台中の飲食店は二つ星が1軒、一つ星が3軒だった。新たな星獲得店は二つ星が2軒、一つ星が6軒。

台中の飲食店で二つ星に選ばれたのは、シンガポール出身の料理人、ジミー・リム(林恬耀)氏が手掛けるシンガポール料理店「JL Studio」。台北市の飲食店では、日本の料理人、田原諒悟氏がシェフを務めるフレンチベースのアジア料理店「logy」が昨年の一つ星からランクを上げ、二つ星を初めて獲得した。

(趙麗妍/編集:名切千絵)