ミシュラン「ビブグルマン」 台北54軒、台中21軒が入選/台湾

【社会】 2020/08/11 18:16 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
左上から時計回り彭城堂、一甲子餐飲、東山棧、gubami=ミシュランガイドのウェブサイトから

左上から時計回り彭城堂、一甲子餐飲、東山棧、gubami=ミシュランガイドのウェブサイトから

(台北中央社)飲食店の格付け本「ミシュランガイド」を手掛ける仏タイヤ大手、ミシュランは11日、「台北台中2020年版」の発表に先駆け、高品質の料理を低価格で提供する店に与えられる「ビブグルマン」に掲載された店舗計75軒を発表した。台北から54軒、台中から21軒が選ばれた。ミシュランガイドが台中に進出するのは初めて。星獲得店舗は今月24日に台中で発表される。

台北でビブグルマンに初掲載されたのは7店舗。北インド料理「泰姫」や焢肉飯(豚の角煮ご飯)で知られる「一甲子餐飲」、麺店「阿国切仔麺」などが選ばれた。初掲載店には、移転前の旧店舗で入選したことがある店も含まれる。

台中は21軒中10軒が台湾料理店となった。「范記金之園」は、い草を編んで作った袋に米を入れてから炊いたご飯「草袋飯」が特色。三合院と呼ばれる伝統建築様式の建物内で営業する「温叨」では昔ながらの台湾料理を提供している。2018年末に閉店した有名フランス料理店「ル・ムー」(楽沐)の元シェフ、陳嵐舒さんが手掛ける牛肉麺店「gubami」も選ばれた。

台北の初掲載店、台中の掲載店は次の通り。

<台北>泰姫(大安区)、一甲子餐飲(万華区)、昶鴻麺点(同)、源芳刈包(同)、阿国切仔麵(中山区)、陳董薬燉排骨(松山区)、吾旺再季(旧松青潤餅、中正区)

<台中>中区=范記金之園、富鼎旺、富貴亭、阿坤麺、沁園春、上海未名麺点▽北屯区=東山棧、温叨▽南屯区=東方龍、三喜食堂、台客焼肉粥、滬舍餘味▽西区=富状元豬脚、馨苑、gubami、陸園、京華煙雲、淇里思、新月梧桐▽北区=尚牛二館▽太平区=彭城堂

(張雄風/編集:名切千絵)