台湾、6月1日から夏季電気料金に 9月末まで

【社会】 2020/06/01 18:17 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
台湾、6月1日から夏季電気料金に

台湾、6月1日から夏季電気料金に

(台北中央社)台湾電力(台電)は今月1日から夏季期間中の電気料金制による徴収を開始する。夏季期間が終わる9月30日まで続く。台電によれば、期間中、1世帯当たりの1カ月の電気代は夏季以外より平均410台湾元(約1470円)上がる。だが台電は、これについて主に電気の使用量増によるものとしており、夏季の電気料金制による影響は限定的との見方を示している。

電気の使用量の節約を促すための恒例の措置。台電によると、夏季期間以外は毎月の電気使用量は1世帯平均287キロワットアワーなのに対し、夏季は404キロワットアワーに増える。台電は、節電すると奨励金が獲得できるとして協力を呼びかけている。

(蘇思云/編集:楊千慧)