「新しい生活様式」来月初旬スタートの見通し 試食販売もOK/台湾

【社会】 2020/05/31 11:30 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
マスク姿でナイトマーケットを散策する人たち

マスク姿でナイトマーケットを散策する人たち

(台北中央社)新型コロナウイルス後を見据えて中央感染症指揮センターが提唱する「新しい生活様式」が来月7日にスタートする見通しだ。これに伴い、感染防止対策の一環として禁止されていた試食販売も解禁されることが分かった。中央感染症指揮センターが30日の記者会見で明らかにした。

新しい生活様式では、感染予防対策を徹底するという前提の下で、日常生活やレジャーなどにおける人数規制が大幅に緩和される。映画鑑賞やスポーツ観戦、大型イベントなどでの飲食が可能になり、座席に一定の間隔を空ける必要もなくなる。ただし解禁には、海外渡航歴がない人の新規感染が来月7日までゼロを維持するという条件が付けられている。

この日の記者会見では、解禁項目にはナイトマーケットやスーパーマーケットなどでの試食販売が含まれるかという質問が出された。これに対し、荘人祥報道官は、手指消毒を徹底し、近くで咳をしないなど注意事項を守れば認められるとの認識を示した。

(張茗喧/編集:塚越西穂)