日本統治時代のビル使った光と音のイベント 今週末台北で開催/台湾

【社会】 2020/05/29 11:12 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
空軍が情報センターとして使ったビル=C-LAB提供

空軍が情報センターとして使ったビル=C-LAB提供

(台北中央社)日本統治時代にルーツを持つ台北市内の文化スペース「空総台湾当代文化実験場」(C-LAB)で今週末、当時から残るビルを利用した光と音のイベントが開催される。

文化部(文化省)や国防部(国防省)の資料によると、C-LABの前身は、1939(昭和14)年に設立された台湾総督府工業研究所。戦後は1949年から2012年まで、空軍総司令部(2006年から空軍司令部)として使われた。2015年に同市の歴史的建造物に登録された。

文化部の主導の下で修復・再活用プロジェクトが進められ、2018年に、作品の展示や上演、国際文化交流、ワークショップなどの場を提供する現代文化の拠点として生まれ変わった。同時に、建物を囲んでいた塀を取り払う景観工事も行われ、今月には工事が完了した。

イベントには、工事完了に伴ってC-LABがより開放的な空間となったことを記念し、同地の変貌を伝える意味合いが込められている。空軍がかつて情報センターとして使っていたビルの外壁に、世界人口の最新統計など“現代の情報”を映し出すプロジェクションマッピングのほか、人気ミュージシャンのパフォーマンスも予定されている。

30、31日午後6時半開演。

(鄭景ブン/編集:塚越西穂)