台湾内で1人死亡 死者計7人に 新規感染はゼロ 新型コロナウイルス

【社会】 2020/05/11 16:26 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
中央感染症指揮センターの陳時中指揮官=同センター提供

中央感染症指揮センターの陳時中指揮官=同センター提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは11日午後の記者会見で、新型コロナウイルスへの感染が確認されていた40代男性が多臓器不全で10日に死亡したと発表した。台湾内の死者は7人になった。新たな感染者は確認されず、4日連続で新規感染ゼロとなっている。

指揮センターによると、死亡した男性は3月に米国から帰国し、同24日に陽性が確定していた。男性に基礎疾患はなく、当初は肺炎の症状はなかったが、入院から4日後に重症化し、集中治療室で体外式膜型人工肺(ECMO)を使った治療を受けていたという。

台湾内の感染者は440人を維持している。感染事例の内訳は、海外で感染した輸入例が349人、国内感染が55人、軍艦関係者が36人。国内感染例は29日連続で発生していない。

(張茗喧、余暁涵/編集:名切千絵)