新型肺炎、新たに2人が感染 いずれも24人目の濃厚接触者/台湾

【社会】 2020/02/21 15:49 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
新型コロナウイルスの感染状況について説明する中央感染症指揮センターの陳時中指揮官

新型コロナウイルスの感染状況について説明する中央感染症指揮センターの陳時中指揮官

(台北中央社)中央感染症指揮センターは21日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2人確認されたと発表した。台湾で確認された感染者は26人になった。2人はそれぞれ、24人目の患者となった北部に住む60代の女性の娘(40代)と孫娘(20代)。いずれも海外渡航歴はなく、感染源は調査中だとしている。

24人目の女性は先月22日から29日までの間に診療所を4度受診し、同30日に入院。ウイルス検査の結果、今月19日に陽性が確認された。

孫娘は先月28日にせきの症状が現れ、同31日から今月11日までに医療機関を3度受診していた。また、祖母を見舞うため、11日に病院を訪れていた。一方、娘は親と同居しており、目立った症状はなかったが、他の理由で今月初旬、2度にわたって診療所を訪れていた。女性の濃厚接触者として検査対象となり、21日に感染が確認された。

同センターによれば、女性の濃厚接触者391人を対象にウイルス検査を実施しており、検査が終了したのはこのうち169人。陽性だった2人を除いては、143人が陰性、残りが結果待ちとなっている。

(張茗喧/編集:塚越西穂)