新型肺炎、台湾の感染者9人に 家庭内で感染

【社会】 2020/01/30 18:22 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
30日午後、中央感染症指揮センターで記者会見をする陳時中・衛生福利部長(右)

30日午後、中央感染症指揮センターで記者会見をする陳時中・衛生福利部長(右)

(台北中央社)中国を中心に新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっている問題で、台湾で確認された感染者は9人になった。中央感染症指揮センターが30日午後、発表した。新たに感染が確認された女性は、家庭内で感染したとみられる。

同センターによると、女性は27日に発症、28日に医療機関を受診し、30日に感染が確認された。夫は武漢で仕事をしており、12日の帰台後、わずかにせきや鼻水などの症状があったという。

同センターの統計によれば、29日までに感染の疑いがあるとして通報があったのは累計730人。このうち482人は未感染で、239人が隔離の上、検査を受けている。確認された9人は入院しているが、容体は安定しているという。

(編集:塚越西穂)