世界の民主主義ランキング、台湾は31位に上昇 日本は24位

【社会】 2020/01/22 19:44 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
世界の民主主義ランキング、台湾は31位に上昇 日本は24位

世界の民主主義ランキング、台湾は31位に上昇 日本は24位

(ロンドン中央社)英誌エコノミストの調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」(EIU)が発表した2019年の民主主義指数で、台湾は31位だった。前年から1つ順位を上げた。アジア・オーストララシア地域では5位を維持した。

民主主義指数は世界167の国・地域を対象に、「選挙過程と多元性」「政府の機能」「政治参加」「政治文化」「市民の自由」をそれぞれ10点満点で評価し、5項目の平均値でランク付けしている。

台湾は選挙過程と多元性(9.58点)、市民の自由(9.12)、政府の機能(8.21)の評価が高かった一方で、政治参加(6.11)、政治文化(5.63)は低迷。平均点は7.73で前回と同じだった。

世界1位はノルウェー。2~5位はアイスランド、スウェーデン、ニュージーランド、フィンランド。アジア・オーストララシア地域の最高位はニュージーランドで、オーストラリア(9位)、韓国(23位)、日本(24位)、台湾がこれに続いた。

中国は平均2.26点で同調査が始まった2006年以来最低の153位。このうち選挙過程と多元性は0点だった。

(編集:塚越西穂)