台湾人学生、284人が香港から帰国 衝突激化で

【社会】 2019/11/14 14:06 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
14日未明に桃園空港に到着した香港中文大学の台湾人学生

14日未明に桃園空港に到着した香港中文大学の台湾人学生

(台北中央社)香港で激化する警察とデモ隊の衝突の余波を避けるため、台湾で対中政策を所管する大陸委員会が台湾人留学生の帰国支援を行っている。同委によると、香港の各大学に在籍する台湾人学生数は13日現在で1021人。このうち284人が同日から14日にかけて帰国する。

14日未明には、警察の突入により「戦場」となった香港中文大学で学ぶ台湾人71人が同委の支援の下で桃園国際空港に到着した。同委が把握する帰国希望者リストには同大のほか、香港大学や香港科技大学、香港城市大学、香港理工大学の学生も含まれている。

大陸委員会は、台北経済文化弁事処(同委香港事務所)を通じて各大学と連絡を取り合い、台湾人学生の安全を確保した上で必要に応じたサポートを提供するとしている。

(繆宗翰/編集:塚越西穂)