青年登山家、世界第5位のマカルー登頂に成功 台湾人として初

【社会】 2019/05/16 19:41 文字サイズ: 字級縮小 字級放大
マカルー登頂に成功した(左から)呂忠翰さん、張元植さん、セン喬愉さん=K2 Project のフェイスブックから

マカルー登頂に成功した(左から)呂忠翰さん、張元植さん、セン喬愉さん=K2 Project のフェイスブックから

(台北 16日 中央社)台湾の青年登山家3人が15日、台湾人として初めて、8000メートル級の世界第5位の高峰、マカルーの登頂に成功した。

直線状に立ちはだかり、「ヒマラヤ最後の課題」とも呼ばれるマカルー西壁に挑んだ3人はそれぞれ、張元植さんと呂忠翰さん、女性のセン喬愉さん。この後、センさんは引き続き世界最高峰のエベレストを目指す予定。(セン=擔からてへんをとる)

一方の張さんと呂さんは、今夏、世界第2位のK2に挑戦する予定で、マカルーには本番前のウオーミングアップとして臨んだという。2人はフェイスブックを通じて今回の成功を報告し、「台湾登山史のマイルストーン」と喜びをつづった。

(龍柏安/編集:塚越西穂)